中小企業で使えるホスティングサービス

subpage01

ホスティングサービスは中小企業でも使われています。
中小企業の場合、プロパイダが用意するホームページサービスなどを利用したり、自社サーバで運用するケースも多いようですが、コスト面、サポート面、運用面でホスティングサービスを利用するほうが利点が多くなっています。



コスト面ではホスティングサービスよりも見た目の価格は低いケースが多いのですが、トータルコストを考えるとホスティングサービスを利用するほうが使い勝手がよく、安いというケースが多いです。コストでもっとも重要なのがサーバーの運用コストです。
物理サーバーを買わなくてはならず、保守などに入ると更にコストは上がります。

これらのコストはホスティングサービスでは月に数千円ですんでしまいます。



VPSなどを利用すれば下げられますが、管理人の人件費を考えるとかなり厳しいコストアップとなります。
サポート面でも差がついてます。

24時間サポートしなくてはならないサーバーですが、従業員に残業させるわけにもいかないので夜間停止しても対応しない企業は少なくありません。
しかし、インターネットからのアクセスは24時間あるので企業価値を残ってしまう恐れもあります。



安いコストで24時間使える点でも重要です。

運用面についてはWebやメールなど使いたいサービスに特化できるのが利点です。

サーバー運用に力を入れたい企業は少ないです。

Webやメールなど使いたいところだけをうまく利用することができるのもメリットと言えます。